管理人が過去に作成したプログラムなど

Crackmeを解析(MinGW-w64)


#include <stdio.h>
unsigned int key[] = { 0xFB, 0xDF, 0xC8, 0xCE, 0xD9, 0xD9, 0xC4, 0xE8 };

int main(int argc, char *argv[])
{
    char* id = argv[1];
    unsigned int temp, sn = 1;
    unsigned char sum = 0;
    int i = 0, j;
        
    while (id[i]) {
    sum += id[i];
    i++;
    }
    for (j = 0; j < 8; j++) {
    sum ^= key[j];
    temp = sum % 10;
    temp++;
    sn *= temp;
    }
    
    sn ^= 0x0BC614E;
    printf("%d",sn);
    
    return 0;
}

同じCrackmeを解析したい方は以下のURLからダウンロードできます。安全なファイルですが、念のため仮想マシン環境下での解析をおすすめします。


https://github.com/VTECinside/aoi_keygen/blob/master/解析用プログラム.exe



Key Generator(Visual C++)


x32dbgで対象プログラム(市販ソフト)のシリアル生成ルーチンを解析し、アセンブリ言語をC言語に変換しながらキージェネレーターを作成。最後に、MFCに移植してGUIアプリケーションに改良しました。


Ebay RSS Reader(androidアプリ)

メイン画面
メイン画面
出力画面
出力画面

https://github.com/VTECinside/StackSites-master2/


これは作るの大変でした。始めに参考になりそうなアプリを探し、それを改良しました。元のプログラムの原型はほとんどありません。GitHubを見てみると、8年前だったことにびっくりしました。

関連記事

2 Comments

hattari

To 管理人さん

開発プログラムの紹介ありがとうございます。
キージェネレータは、以前動画で紹介されていたものの(コンソール版)のGUI版ですかね。
また新たな記事を楽しみにしています。

  • 2024/02/02 (Fri) 04:07
  • REPLY
ちーたー

なんでもチート

To hattariさん

hattariさん、コメントありがとうございます。ご明察の通り、過去記事で紹介したキージェネレーターのGUI版です。記事ではサラッと書いてますが、MFC移植の作業はけっこう苦戦しました。笑

またネタを思いつき次第、記事にしていこうと思うので引き続きよろしくお願いいたします!


  • 2024/02/02 (Fri) 23:30
  • REPLY