XPマインスイーパーの時間を無制限に改造

今回はCheat Engineを使ってwinmine.exeの時間を無制限にしてみようと思います。
winmineとCheat Engineを起動し、アタッチします。
winmineのボードをどこでもいいのでクリックし、ゲームをスタートします。
Cheat EngineのScan Typeを「unknown initial value」にして、First Scanをクリックします。
すると、かなりたくさんのアドレスがヒットするので、ここから時間を格納しているアドレスを見つけるため、絞り込んでいきます。
時間は1ずつ増えているので、前回より増えている値を格納しているアドレスを見つけます。

Scan Typeを「increased value」にしてNext Scanをクリックします。
これでかなり絞り込まれました。
もう一度「 increased value」のまま、Next Scanをクリックして絞り込んでみましょう。
3回ほどやれば最終的に2つか3つくらいまで絞り込めるはずです。
そうすると、緑色で表示されているアドレスの値が1ずつ増えているのがわかりますね。
ここが、時間を格納しているアドレスになります。
アドレスを右クリックし、「 Add selected address to the addresslist」でアドレスリストに追加しましょう。

アドレスリストに追加されたので、再度右クリックから、「 Find out what accesses this address」を選択します。
これで、このアドレスにアクセスしている命令を洗い出すことができます。



3か所から参照されていますね。
真ん中のアセンブラコードが先ほどのアドレスの値をインクリメントしているので、ここが時間を1ずつ増やしている命令だと推測できます。
あとは、この命令をnop(ノーオペレーション)で埋めてやれば時間無制限化に成功です!
関連記事

0 Comments

Post a comment