DLLインジェクションでゲームを改造しよう!


DLLインジェクションを使用して、Assault Cubeを改造してみましょう。
DLLはプログラムの部品みたいなもので、これをゲーム起動後に注入することで後付けで改造することが出来ます。
DLLは通常Visual Studio等で作成しますが、今回は海外の有志の方が作成したDLLを利用します。

必要なツールのダウンロード&インストール

AssaultCube - ゲーム本体
A200K's AssaultCube_Hack - 注入するDLL、Visual C++のソースコード
Cheat Engine - メモリスキャナ、今回はインジェクターとして使用
Visual Studio 2019 - DLLをビルドする時に使用するIDE
AssaultCube、Cheat Engine、Visual Studio 2019はインストールが必要です。

2つ目のA200K's AssaultCube_Hackは下記画像のようにダウンロードします。

その他のツールは特に迷うことなくダウンロードできるはずです。
ダウンロードとインストールが完了したら次に進みましょう。

Visual StudioでDLLを作成しよう

AssaultCube_Hack-master.zipを解凍すると、 AssaultCube_Hack-masterフォルダの中に、AssaultCube Hack.slnがあるのでダブルクリックしてVisual Studioで起動します。
ソリューション操作の再ターゲットはそのままOKをクリックしてください。


プラットフォームをx64からx86に変更します。


メニューバーのビルドからソリューションのビルドを選択します。


出力画面に「ビルド: 1 正常終了」となっていればビルド成功です。

ビルドに成功するとAssaultCube_Hack-masterフォルダの中に、debugフォルダが作成されており、その中にAssaultCube Hack.dllがあります。


これでDLLが完成しました!

Assault Cubeの設定

このチートは基本的にマルチプレイヤー対戦で利用するものなので、botを追加していきます。
Assault Cubeの画面上でEscキーを押し、Singleplayer, Bot Deathmatch, Best, 12 players, ac_douzeを選択します。

botが動き回ると目障りなので、停止させましょう。
キーボードの t から/idlebots 1と入力すると動きを止めることが出来ます。
元に戻す場合は/idlebots 0と入力します。


Cheat EngineでDLLインジェクションを実行する

ビルドしたDLLをゲームプロセスに注入します。


緑枠のアイコンをクリックしてAssault Cubeにアタッチします。


プロセスリストからAssaultCubeを選択しましょう。


Cheat Engineメインウインドウ左下にあるMemory Viewをクリックします。


メニューバーのToolsからInject DLLを選択。


ビルドしたDLL「AssaultCube Hack.dll」を選択して、開くをクリックします。


Yesをクリック。


上記画像のように表示されればDLLインジェクション成功です。
ゲーム画面にチートメニューが表示されていると思うので、あとはチートを楽しみましょう!

チートの動作説明

Insertキーでチートメニューの表示、非表示ができる
↑、↓で選択し、→でOn、←でOff

Player ESP - 敵プレイヤーの居場所が壁越しでもわかるようになる
Entity ESP - マップ上のアイテムの場所が表示される
Grenade ESP -  投てきされたグレネードの距離と場所が表示される
Aimbot - 自動で敵プレイヤーに照準が合うようになる
              右クリックを押しながら、左クリックで射撃する
Fly - 跳躍力が大幅にあがる
No Recoil - 連射時のブレがなくなり、狙いが正確になる
Mass Kill - 不明
Voice Spam - 不明
Spam - 画面がガタガタ震える
Quick Grenade -  グレネードの投てきモーションが早くなる
Entity Magnet - 比較的遠くからでもアイテムを取得できるようになる


関連記事

0 Comments

Post a comment