キージェネレータの作成でつまずいたところ2 - lea命令

lea命令の使い方

lea命令はgoogleで検索すると、メモリ上のアドレス値をレジスタに格納する命令と出てきますが、 ただ計算するだけの命令としても使われます。 上記の場合、足し算をしているだけです。
なので、eax+eaxの答えをecxレジスタに格納しています。
C言語に変換すると、ecx = eax + eaxになりますね。
関連記事

0 Comments

Post a comment